×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

健・美・食セミナーvol.10

みなさん、お元気ですか?三寒四温と呼ばれる季節になりました。初夏のように暖かな日もあれば、真冬の寒さにもどったりと、
身体が気温の変化にストレスを感じているのではないでしょうか。
ストレスに対抗するには、ビタミンCが不可欠。免疫力を高めてくれます。
そして、身体中に酸素と栄養を運ぶためには、血流をよくすることが大切です。
ビタミンEは、血液をサラサラにして血流をよくし、毛細血管まで血液をいきわたらせます。

さて、今回はビタミンEの働きのうちの体内の脂質の酸化を防止する抗酸化の働きについてお伝えします。

私たちの細胞の細胞膜は、リン脂質(リノール酸)やコレステロールが主成分です。ビタミンEは、細胞膜の酸化を防止して、細胞の死滅を防ぎます。細胞の数の減少が老化という症状の一つの原因とするならば、ビタミンEの作用は老化防止に絶大な効果があるわけです。

また、高齢になると、老人斑という肌に黒いシミができます。これは、皮膚の細胞が酸化されてできた沈着物で、リポフスチンとも呼ばれるものです(メラニンとは違います)。

認知症、特にアルツハイマー型認知症の患者さんの脳には、このリポフスチンの顕著な沈着がみられます。リポフスチンを作らないようにするのがビタミンEなのです。

また、脳血管性認知症は、脳内の血管に血栓ができて起こります。この血栓を作らないようにするのも、抗酸化ビタミンの働きが必要です。

抗酸化ビタミンの中でも、ビタミンEの働きは実にさまざまです。食事では十分な量を摂取することが難しい栄養素ですので、サプリメントで摂取することをお勧めします。

2021-02-25 12:34:04

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.9

みなさん、こんにちは。今年の花粉の飛散量は、例年に比べてやや少ないようですが、去年と比べると大幅に多いようです。
花粉症の方にはとってもつらい季節。マスクや眼鏡で花粉を避け、腸内環境を調えてアレルギーに対抗しましょう。
腸内環境を調えるには、乳酸菌、納豆菌、食物繊維を摂ることが大切です。

さて、今回はビタミンEの働きのうち、細胞分裂を倍増し、長寿になると言われている所以についてお話しします。

私たちの身体には、最盛期で約60兆個の細胞があります。この細胞が1個も死滅することなしに永久に細胞分裂を繰り返すことができれば、私たちの生命は永遠になる、と言えるくらい細胞分裂は生命にとって大切なことと言えます。

「ヘイフリックの限界」という言葉があります。アメリカのウィスター研究所のヘイフリック博士の名前からとったものです。同博士は、1961年「人間の細胞が分裂して増える回数には限界がある」と発表し、これが定説となりました。

人間の皮膚をかきとって、培養液に入れ、細胞分裂を観察したところ、どのようにしても細胞分裂が40~60回で頭打ちになることから、この説が「ヘイフリックの限界」を呼ばれることになったのです。

と ころが、1974年カリフォルニア大学のパッカー、スミス両氏が、培養液にビタミンEを添加すると「ヘイフリックの限界」が2倍以上に広がったと発表し、 この「ヘイフリックの限界」説は打破されました。人間の寿命の限界を決定づける細胞分裂を、ビタミンEが打ち破ったわけです。

この細胞分裂を賦活するということは、身体すべての代謝をよくするということ、つまり細胞がイキイキとすることになり、アンチエイジングに効果があるのです。

女性の肌にとっても、美容という面でアンチエイジング効果があります。

2021-02-24 14:13:06

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.8

こんにちは。季節外れの暖かさだったり、そうかと思えば真冬の寒さに戻ったりと、気温差が激しい毎日が続いています。
ストレスで免疫力が落ちないよう、ビタミンE、C、B群、β‐カロテンをしっかりと摂りましょう。

さて、今回はいよいよ抗酸化ビタミンについてお話しします。抗酸化ビタミンには、ビタミンE、C、A(動物性のビタミンAと植物性のβ‐カロテン)、コエンザイムQ10やセレンなどがあります。ポリフェノール類にも抗酸化作用があると言われていますね。特に、ビタミンE、C、Aはビタミンのエース、と呼ばれ抗酸化ビタミンの代表です。

中でもビタミンEは、「若返りのビタミン」と呼ばれ

1.若さの維持と回復、すなわちホメオスターシスの増強
2.細胞分裂を倍増し、長寿
3.体内の脂質の酸化を防止する(抗酸化)
4.体内の酸素を十分にする
5.血液の流れをよくする
6.男性ホルモン・女性ホルモン分泌のバランスを保つ
7.脳のためにはDHAやEPA(魚類の脂)が必要ですが、酸化しやすいので抗酸化ビタミン、特にビタミンEが必要です
8.ビタミンEとともにビタミンC、β‐カロテンもお互いの効果を高めるので一緒に

という特長があります。
それぞれの働きについて、次回詳しくお伝えしていきたいと思います。

2021-02-22 11:31:49

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.7

こんにちは。季節の変わり目は、自律神経のバランスが崩れやすいため、だるい、疲れやすいなどの疲労感や頭痛、肩こり、気分の落ち込みなどを感じる方が多いのではないでしょうか。自律神経を調えるには、血流をよくすることが大切です。ビタミンEは、血液をサラサラにして血流をよくし、毛細血管まで血液をいきわたらせるため、自律神経を調えるのに必要なビタミンです。

さて、引き続きのテーマ、「脳や身体を若返らせる抗酸化ビタミン」の第7弾ですが、今回は、脳の伝達物質をつくるたんぱく質、についてお話しします。

脳の老化には特徴的な現象があります。それは、意欲の低下です。仕事をやる気がしない、趣味が手につかない、服装・みだしなみがどうでもよくなる、何に対しても興味がわかない…、脳の機能が低下してくると、そんな状態になります。この意欲を司るのが脳内伝達物質の一つであるドーパミン。このドーパミンの主原料となるのが、たんぱく質です。植物性よりも動物性のたんぱく質の方が身体への吸収がよいと言われています。魚、大豆製品だけでなく、肉も必要な食品なのです。摂るときは、なるべく肉の脂みを避け、しゃぶしゃぶなどでいただくとよいでしょう。

また、脳の機能をアップするには、脳のトレーニングも大切です。脳トレ、手先を使ったピアノ、パソコン、麻雀など。これらも脳機能の向上に役立つことが、最新の脳科学でも指摘されています。

2021-02-19 10:07:20

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.6

こんにちは。春は風の強い日が多く、花粉症の方はつらい時期となります。
カルシウムは、体内のpHを酸性から弱アルカリ性へと正常に保ち、アレルギーに対して強い身体をつくります。

さて、今回は、『脳や身体を若返らせる抗酸化ビタミン』の第6弾!!脳の機能を向上させるにはどうしたらよいか?をお伝えします。

最近、人や物の名前が思い出せない、最近覚えたことをすぐに忘れてしまう、ということに気がつくと、脳の衰えを心配してしまいます。また、受験生や働き盛りのサラリーマンの方々は、記憶力を高められる方法があれば、ぜひ知りたいと思うはず。

脳を若返らせるには、まず細胞をいきいきとさせることが大切です。つまり細胞膜を守る、ということ。それには、魚の脂(DHA・EPA)を摂ること。しかし、酸化しやすいので、ビタミンEやビタミンCも一緒に摂ることが大切です。また、活性酸素から細胞を守るには、抗酸化ビタミンE、C、Aを摂ることが不可欠です。そして、酸素の供給を増やすには、ビタミンEの摂取が必要です。

脳が老化し、委縮してしまうアルツハイマー病。とても、恐い病気です。アルツハイマー病の方の脳では、アセチルコリン(伝達因子)が減少していることから、アセチルコリンの不足が原因の一つといわれています。

アセチルコリンの合成には、コリン、ビタミンB1、B12が関わっています。通常コリンはレシチン(ホスファチジルコリン)の形で食材から摂取されます。レシチンはアセチルコリンの材料になるだけでなく、細胞膜の材料にもなります。

特に脳の神経細胞の細胞膜にはたくさん含まれていて、血液によって運ばれる栄養の細胞内への取り込みや、細胞内の老廃物の排出、神経伝達物質の放出や情報ネットワークの形成、といった脳の機能全般に深くかかわっているのがレシチンなのです。

これが、レシチンが「脳の栄養素」と呼ばれる所以です。

レシチンは大豆、エンドウ豆、卵黄、レバー、緑黄色野菜に多く含まれていますが、食事ではなかなか十分な量を摂取できないので、サプリメントで補給することをお勧めします。

2021-02-17 11:05:47

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.5

だんだんと暖かく、春の気配が感じられる季節となりました。

さて、今回は前回に引き続き『脳や身体を若返らせる抗酸化ビタミン』の第5弾をお伝えします。今回は脳についてのお話です。

あらゆる臓器の中で、いちばんたくさん栄養を必要とするものは何か?

脳は、成人で重さ約1kg、仮に体重が50kgとすると約2%になります。必要な栄養の量は、酸素の消費量で測ることでができます。酸素の消費量とエネルギーの消費量は比例するのです。

脳は全身で使うエネルギー量の18~20%を使っています。体重のわずか2%しかない脳が、全消費エネルギーの5分の1もの量を使っているのだから、脳は働き者と言えます。しかも、眠っている時も消費量はそれほど落ち込まない。これは驚きです。

それだけのエネルギーを必要とする脳は、細胞分裂をしません。細胞分裂をする代わりにシナプスという伝達因子でネットワークを作ります。ちょうどコンピュータと同じようなイメージです。

脳の神経細胞は細胞分裂をしないので、細胞は死滅すると再生はしません。しかし、残った神経細胞が手(シナプス)を伸ばし、別の神経細胞へとつないでネットワークを作り、脳の機能は維持されています。

新たなネットワークを作れる、ということは、脳の機能を維持するだけでなく、今まで以上に向上させることも可能、ということなのです。

次回は、脳のネットワークを作り、脳の機能を向上させるにはどうしたらよいか?というテーマでお送りします。
脳を活性化すると、いつまでも若々しく溌剌と、元気でいられますよ。

2021-02-16 12:56:06

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナーvol.4

いよいよ、この季節がやってきました。
あぁ、辛い、くしゃみ、鼻水、鼻づまり。風の強い日は最悪です。
そう、花粉の季節です。
カルシウムは、体内のPHを酸性から弱アルカリ性へと戻し、アレルギーに強い身体をつくります。

さて、今回は前回に引き続き、『健・美・食セミナー』の第4弾!!フリーラジカルとは何か、についてお話しします。

フリーラジカル(活性酸素)という言葉はご存じでしょうか。私たちは呼吸をして生きていますが、呼吸をしている限り、どうしても発生してしまうのが活性酸素です。

発生要因は、紫外線、アルコール、たばこ、電磁派(テレビやパソコンなどの家電製品、高圧電線など)、糖分(砂糖や甘いお菓子)、激しい運動、ストレス(精神的なもののほかに、口に入ってくる異物、たとえば添加物や塩素、農薬など)、になります。

では、フリーラジカル(活性酸素)が発生するとどうなるのでしょうか。

たとえば、血管壁にフリーラジカルが傷をつけると、そこにコレステロールがたまり、血管壁をせまくし、つまっていくと動脈硬化が起こります。これが進むと心臓病になります。

また、赤血球の細胞がフリーラジカルによって壊され、酸素が血管内にこぼれて血液が凝固し、血管壁について動脈硬化を起こすこともあります。

さらに、その凝固した固まりが、心臓や脳の血管に運ばれて、どこかでつまれば心筋梗塞や脳梗塞を起こします。これが脳血管性認知症の原因と言われ、日本人の場合認知症と診断された人の約半数がこの症状にあたります。

人は生きるため、エネルギーを消費するために酸素が必要です。酸素のあるところには、必ず活性酸素が発生します。

鉄は酸素にあたっているとサビます。人体でもこの活性酸素によって細胞の脂がサビるのです。

人体は肺呼吸で得た酸素の約43%も生体内の脂質の酸化に浪費しています。つまり、活性酸素を作るために使っているのです。

それどころか、酸化された脂質は、細胞の働きを悪くしたり、死滅させたりして老化を促進するばかりでなく、病気までも作りだす悪いものなのです。

これに対抗するのが抗酸化ビタミンです。ビタミンE、特に抗酸化力の強いビタミンE複合体は、脂質の酸化を防止する働きによって、43%もの酸素が無駄に浪費されることを防ぎます。

さらに浪費されなくなった酸素は、本来必要な脳や筋肉に潤沢に送られます。

オリンピックの水泳選手は、筋肉への酸素供給を増やすためにビタミンEを必ず飲んでいるそうです。

2021-02-12 14:58:13

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナー vol.3

皆さん、お元気ですか?
乾燥した日が続き、お肌の保湿が欠かせない季節です。
肌が乾燥すると、シワだけでなく、シミの原因にもなるんですよ。
シミ予防には、血流をよくすることも大切です。
ビタミンEは、血液をサラサラにして血流をよくし、肌の若返りに必須のビタミンです。

さて、今回は『健・美・食セミナー』の第3弾!!老化のメカニズムについてお話しします。

老化のメカニズムには諸説ありますが、主に3つの説が挙げられます。

1.フリーラジカル説
身体内で自由に動き回る電子を持った原子、または分子がありますが、電子は必ずペアー(2つ)であるのが普通です。
しかし、中には電子が1個しかないものが発生してしまうことがあります。これが、フリーラジカルです。

電子はペアーの時は安定していますが、ペアーを組めないフリーラジカルは不安定なため、体内の細胞をかけめぐり、他の分子・原子から電子を奪ってしまうのです。この時、攻撃されて電子を奪われた分子・原子は、破壊されて酸化されます。

この酸化作用によって、細胞がダメージを受け、持っている機能を果たせなくなってしまいます。この酸化作用がフリーラジカルの悪さの所以です。酸化された細胞が増えることによって、病気や老化に繋がっていくのです。

2.テロメア説
身体では常に細胞分裂が繰り返されていますが、細胞分裂にはできる回数に限りがあり、それを決めているのがDNAのテロメアと呼ばれる部分です。テロメアは染色体の先端に伸びているもので、染色体を保護する役割なのですが、細胞分裂するたびに短くなってしまいます。

何度も分裂すると短くなりすぎて、もうその細胞は分裂できなくなり、機能が低下し、老化を引き起こす、という説です。

3.遺伝子説
老化を促進する遺伝子があり、それがプログラムに組み込まれていることによって老化が起きる、という説です。

テレビでも放映されていた、カナダのアシュリーちゃんという子どもが、身体は子どものまま老人化してしまう。これは、プロジェリア症候群(早老症)という病気です。

遺伝子説に代表される病気がプロジェリア症候群です。

以上3つの説のうち、3.は特別な病気であり、2.については未だ解明されていないところも多いので、やはり1.のフリーラジカル説が現代の私たちにもっとも近い考え方だと思います。

老化を予防するには、日常生活に関わっているフリーラジカルを防ぎ、脳や身体を若返らせることを第一に考えるべきなのです。

2021-01-27 13:04:47

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナー vol.2

こんにちは、元気に過ごしていらっしゃいますか?暖かい日があったと思えば、極寒の日もあり、気温の変化に身体が驚いてしまいそうです。

さて、今回は「健・美・食セミナー」で講演した『脳や身体を若返らせる抗酸化ビタミン』の第2弾!!老化とはなにか、についてお話しします。

老化とは、細胞が死滅してゆき、細胞分裂も困難になり、ホメオスターシスも機能しなくなり、死にいたる過程、と定義づけられています。年齢を重ねるとともに、身体の機能が衰えることは周知のことですが、衰え方は人それぞれ違いがあります。アメリカの医学会会長だったボーツ博士という方がこう言っています。
「人間の年齢には時間的なものと生物学的なものがあり、それは同じではない」

これは、80歳になる老人でも、身体の組織は30~40歳代の若々しさを保っていられることがあり得る、ということなのです。皆様の周りにも、70歳代、80歳代でも若々しく元気な方がいらっしゃると思います。男性より女性の方に多いかもしれませんね。

規則正しい生活、栄養豊富な食生活、適度な運動、ストレスが少なく、人生を楽しんでいれば可能ではないでしょうか。少しでも若々しい身体、脳を取り戻すために、もっとも必要なものは栄養であり、抗酸化ビタミンとホメオスターシスの増強です。これにより、老化を防止し、アンチエイジングが実現できるのです。

2021-01-15 12:04:20

コメント(0)

折りたたむ

健・美・食セミナー vol.1

こんにちは。サプリメントアドバイザー、食育インストラクターの藤原由佳です。9月20日(月)・21日(火)に開催された『健・美・食セミナー2010』の内容をまとめ、数回にわたってお伝えしていきたいと思います。まずは私が講義した「骨粗鬆症・認知症・メタボリックを予防する食生活のお話」です。

私たちが生きていくうえで必要な栄養素に三大栄養素、がありますね。ご飯やパン、麺類などの糖質、魚や肉の脂などの脂質、魚や肉、大豆に含まれているたんぱく質。これが三大栄養素です。これらの代謝、吸収を促進するのがビタミンやミネラルになります。

では、ビタミンやミネラルにはどのようなものがあるのでしょうか。
まずビタミンには、糖質を分解し脳や身体のエネルギー源になるビタミンB1、髪や皮膚、爪などを健康に保つビタミンB2、B6、造血作用があり貧血を予防するビタミンB12や葉酸、美肌に働き、免疫力を高めるビタミンC、目・鼻・喉などの粘膜を保護するビタミンA、細胞を活性化し若々しさを保つビタミンE、骨を丈夫にするビタミンDやKがあります。

ミネラルには、骨を形成するカルシウムやマグネシウム、味覚を正常に保つ亜鉛、血液中の酸素を運ぶ鉄や銅、体内の水分調節・塩分調節をするカリウムやナトリウムがあります。

現代人は特にビタミンやミネラルが不足しがちだと言われますがそれはどうしてなのでしょうか。
次回はビタミンやミネラルが不足する理由についてお伝えします。お楽しみに!

2020-12-24 10:39:31

コメント(0)

折りたたむ

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5

CONTENTS

CATEGORY