×

CATEGORY

HOME»  ブログ記事一覧

ブログ記事一覧

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

台湾風豚角煮



最近思い立ち始めた、「食卓で世界旅行」というブログ。
図書館で借りた本や、旅行番組で紹介しているレシピをメモメモ。
世界の料理を知るのって楽しいものです。
1週間くらい海外旅行へ行くと、和食の出汁やしょうゆ、味噌の味が
恋しくてたまらなくなるくらいザ・日本人の私ですが、
ほかの国の料理にも興味深々。

いつか、世界中の料理を網羅できるといいな~。

材料
★豚バラブロック肉 400g
★卵 4個
★チンゲンサイ 1株

調味料
★しょうゆ 大さじ3
★紹興酒 カップ1/2
★黒砂糖 大きめ3個
★八角 1個
★五香粉 少々
★しょうが 1かけ(半分に切って軸を取る)
★にんにく 1かけ(薄切りにする)

1.豚バラブロック肉と卵を茹でる。水からて煮て、茹で時間は沸騰してから15分程度。
2.ゆで卵は殻をむき、豚バラブロックはひと口大に切る。
3.鍋にゆで卵と豚バラを入れ、かぶるくらいの水を加えて、調味料を加える。
4.弱火でコトコト煮込み、途中味をみて調味料を加える。
5.チンゲンサイをさっと茹で、器に盛り、豚バラ、玉子を乗せたらできあがり!

2017-12-11 11:21:28

コメント(0)

『健康日本21』

我が国の平均寿命は、生活環境の改善や医学の進歩により、
高くなってきています。
しかし、がん、心臓病、脳卒中、糖尿病等の生活習慣病の割
合は増加しているのです。
 
 そこで、厚生省では
「21世紀の我が国を、すべての国民が健やかで心豊かに
生活できる活力ある社会とするためには、従来にも増して、
健康を増進し、発病を予防する「一次予防」に重点を置いた
対策を強力に推進することにより、壮年期死亡の減少、
痴呆や寝たきりにならない状態で生活できる期間(健康寿命)
の延伸等を図っていくこと」
を目的に『健康日本21』を発表しました。

栄養・食生活に対する目標を定め、一人一人が食生活など

を見直し、健康で長生きができるよう活動を推進しています。

2017-11-29 13:36:05

コメント(0)

『生活習慣病』の予防と治療について

生活習慣病の予防には、日々の食生活などに気を配り、発病を
予防する「一次予防」と、病気を早期に発見し治療する
「二次予防」そして病気にかかった後の対応としての治療・
リハビリなどの「三次予防」があります。
一次予防は、みなさんそれぞれがバランスのよい食事を取り、
適度な運動をすること。
そして、二次予防は健康診断の普及、確立が中心になります。
三次予防としては、医療施設の充実が中心となるのです。

一次予防はみなさんの日々の生活習慣の改善が中心となり、
食事、運動、休養が柱になります。
下記の生活習慣チェックをしてみてください。
みなさんは、いくつ該当したでしょうか?

1.適正な睡眠時間を維持する
2.喫煙をしない
3.適正体重を維持する
4.過度の飲酒をしない
5.定期的に運動をする
6.朝食を毎日食べる

7.間食をしない

2017-11-20 15:43:18

コメント(0)

生活習慣病ってなに?!


生活習慣病」という言葉をよく耳にしますよね。
いったい「生活習慣病」って何?と思われる方も
いらっしゃるかもしれません。
従来は「成人病」という言葉をよく耳にしました。
「成人病」というと、年を重ねると誰もがかかる病気、
と思ってしまいますが、「生活習慣病」というのは、
生活習慣に気をつけていれば予防できるという考え方なのです。

糖尿病や高血圧、高脂血症、ガンなどは、特に生活習慣による
要因が引き金になって発症することが多いので、
生活習慣病の代表的な病気といわれています。
遺伝的要因、外的要因を防ぐのは難しいことですが、
生活習慣を改善することはできます。
生活習慣病を予防するには、食生活、喫煙、飲酒など、
様々な生活習慣を見直すことが何よりも大切なのです。

2017-11-13 12:14:51

コメント(0)

ピリッと刺激が魅力☆サンラー四宝菜



 先日、ふらりと思い立ち、一人新大久保へ。
一人じゃさすがに寂しいか・・・と思いつつ、どうしても大版の韓国のりが買いたくて、いざ出陣!
それが、楽しいこと、楽しいこと♪
化粧品屋さんを眺めつつ、目的のソウル市場へ。
キムチや韓国唐辛子、韓国味噌にインスタントの参鶏湯。
ジャジャ麺にソルロンタン、チャンジャなどなど。
お惣菜も盛りだくさんで、目移りしてしまう~~!

・・・で、その夜は韓国料理祭りとなりました。

 さて、冬野菜といえば、白菜。
白菜って、鍋料理に使いがちだけど、実は使い勝手がいいんです。
今回は中華風のレシピをご紹介します。

材料
★豚肉 200gくらい
★白菜 1/8カットくらい
★にんじん 1/2本
★しめじ 1パック
★しょうが汁 小さじ1
★水溶き片栗粉 大さじ2(片栗粉大さじ1を倍量の水で溶いたもの)

調味料
★鶏がらスープ 1カップ(鶏がらスープのもと小さじ2/3をカップ1の湯で溶く)
★しょうゆ 大さじ1
★酒 大さじ1
★砂糖 小さじ1
★酢 大さじ4
★オイスターソース 小さじ1
★塩・こしょう 少々
★豆板醤 小さじ2


1.豚肉はひと口大に切り、酒、しょうゆ小さじ2(分量外)、しょうが汁を揉み込んでしばらくおく。
2.白菜は1枚ずつはがし、葉と芯に分け、ざく切りにする。
3.にんじんは皮をむき、短冊切りにする。
4.しめじは根元を切り、小房に分ける。
5.豆板醤以外の調味料を混ぜ合わせておく。
6.深めのフライパンに油と豆板醤を入れ、弱火で香りが出るまで炒める。
7.豚肉を加えて火を強め、豚肉の色が変わったら、白菜の芯とにんじんを加えて炒める。
8.しめじ、白菜の葉を加えてさらに炒め、合わせ調味料を加えて5分ほど煮込み、水溶き片栗粉でとろみをつけたらできあがり!

野菜たっぷりで食べごたえ満点!
すっぱ辛いたれが、ごはんにもよく合います。
酸味が苦手な人は、酢を入れなくてもok。
でも、それだとサンラーじゃなくなっちゃう、という噂も・・・。


 

2017-11-08 10:17:20

コメント(0)

健康で天寿をまっとうする秘訣とは

バランスのとれた食生活が大切、という言葉はよく耳にします
よね。一見簡単そうに思いますが、実はこれが一番難しいこと
なのです。長い習慣があり、家の伝統料理があり、さらには
皆さん食物に好き嫌いがあります。
そんな中でどうやって栄養バランスをとるか、ここが天寿を
まっとうする秘訣の第一関門なのです。

たとえ、食べ物の好き嫌いがなくても、穀物が精製され、加工
食品も多くは精白されている現代社会では、バランスのよい
栄養の摂取はなかなか難しいのです。
米、砂糖、塩といった基本的な食物でさえ、形は昔と同じよう
でも中味は違っています。米は精白され、砂糖や塩も精白さ
れると大切な栄養素を失ってしまいます。

しかも、高カロリーな料理が非常に多い。
高カロリーは、高栄養というわけではないのです。
私たちは、一日平均2,000キロカロリーのエネルギーを必要と
しています。これは、心臓を動かして、血液を全身に配給し、
体温を保つという生命活動を営むのに必要なエネルギー量
なのです。
したがって、2,000キロカロリーを食物で摂取しなければなり
ませんが、かと言ってバターばかり2,000キロカロリー毎日
食べていても、カロリーは満点ですが、実際問題として生きて
いけますか?
生きていけません。

栄養には、栄養素とカロリーとの二つの大きな必要素がある
のです。
栄養素が多く、カロリーが適正なものがよい食品なのです。
一日2,000キロカロリーのエネルギーをできるだけ多くの栄養素
をもった食物で摂取することこそ、健康の第一必要条件

といえます。

2017-10-26 11:36:32

コメント(0)

やみつき!明太子スパゲッティ



 まだ、10月だというのにこの寒さ。
秋晴れが恋しくなる空模様に、ちょっと心もふさぎがち。
そんなときこそ、おいしいもの食べて気分あげてこ♪
・・・というわけで、たまに無性に食べたくなる明太子スパゲッティを作ってみました。

材料
★明太子 2腹
★スパゲッティ 2人分
★レモン 1/4個
★バター 20g
★大葉 4枚
★刻みのり 適量

調味料
★昆布茶 小さじ2/3
★塩 適量
★オリーブオイル 適量

1.明太子は薄皮を取り除いておく。
2.小さめの鍋に湯を沸かし、沸騰したらボウルにバターを入れ、鍋に乗せて湯煎でバターを溶かす。
3.バターが溶けたら、昆布茶と明太子を加え混ぜ合わせる。
4.ボウルにレモンを絞って混ぜる。
5.大きめの鍋にたっぷりの湯を沸かし、塩を入れ(水1ℓに対し、小さじ1~2程度)、スパゲッティを表示時間通りに茹でる。
6.スパゲッティをざるにあげ、オリーブオイルを回しかける。
7.スパゲッティをボウルに入れ、明太子ソースと混ぜ合わせる。
8.お皿に盛り付け、刻んだ大葉と刻みのりをかけて出来上がり!

 明太子スパゲッティは昆布茶が決め手。
バターの風味とこくがたまりません。
ミートソースやカルボナーラもいいけれど、たまには和風もいけますよ。
やみつきになり、ついつい食べ過ぎちゃうのが・・・恐い。
 

2017-10-17 11:53:28

コメント(0)

健康保持に必要な4つの条件



身体の健康な状態をチェックするための指標は前記の通りですが、トータルな意味での健康状態を保つために、毎日の生活の中で
次の4つのことを守る必要があるんです。

第一は、バランスのとれた栄養を摂取すること。

第二は、心から安らかにして、精神の安定を保つこと
(くよくよしたり、腹を立てたりしないようにする)

第三は、適度な運動をして、十分な睡眠をとること
(最大脈拍数が180マイナス自分の年齢になる程度の運動を一日トータル60分以上実行する)。

第四は、生きがいを感じる仕事(あるいは目的)をもつこと。

以上の4つを日常生活の中で本当に実践してほしいのです。

そうそれば、必ず真の健康が得られるはずなのです。

2017-10-12 13:42:21

コメント(0)

黒こしょうで炊く穴子の炊き込みごはん♪



 学生時代の友人と、ランチしながらおしゃべり三昧☆
同じ話ばっかり繰り返してるけど、食べて、飲んで、笑って。
そんな時間がリフレッシュさせてくれるんだよね。
しかし、女の子(子?)って、ほんとおしゃべり好きですよね~。
お酒なしで4、5時間、平気で経ってる・・・。

さてさて、秋の味覚ではないけれど、穴子を使ったこのレシピ。
時々無性に食べたくなって作ります。
鰻の蒲焼きや、さんまの蒲焼きでもおいしいかも。

材料
★米 2合
★穴子の蒲焼き 2尾
★小ねぎ 3本

調味料
★酒 大さじ1
★しょうゆ 大さじ1
★みりん 大さじ1
★塩 小さじ1/2
★黒こしょう 大さじ1/2
★煎り酒(なくてもよい) 大さじ1

1.米を研ぎ、ざるにあげておく。
2.穴子は半分に切り1cm幅に切る。
3.小ねぎは小口切りにし、ふきんで包んで水にさらし、水気を切ってさらしねぎにする。
4.米を炊飯器に入れ、調味料を加え、調味料を合わせて2合分になるように水を加え、混ぜる。
5.炊飯器に穴子を加え、ごはんを炊く。
6.炊きあがったごはんをさっくりと混ぜ、茶碗に盛り付け、小ねぎを散らしたらできあがり!

これ、黒こしょうは必須!!
日本酒にぴったりのごはんレシピです。
おにぎりにして、お弁当に入れてもおいしくいただけますよ。

2017-10-06 13:20:25

コメント(0)

健康指標の標準値

 こんにちは。サプリメントアドバイザーの藤原由佳です。
 今回は、健康の基準を表す指標についてお知らせします。

 快食、快眠、快便は、肉体的・精神的なわかりやすい

健康指標ですが、高齢者を悩ませる生活習慣病のことを
考えると、案外自覚症状がなく静かに進行している場合
があるんです。
 そこで、常に客観的に自分の体の健康をとらえ,
早めに注意をすることが大切なのです。
 そこで、今回は参考までに健康の指標として、
成人の標準的諸数値をお知らせします。

■血圧   最高血圧 139mmHg以下
      最低血圧 89mmHg以下
■肝機能   GOT 8~40
      GPT 5~35
      ALP 3~10
      黄疸指数 4~6
■血糖値   空腹時値 100mg/dl以下
      1時間値  140mg/dl以下
      2時間値  100mg/dl以下
■腎機能   PSP 25%以上
      BUN 8~18mg/dl
      尿量 男性 1,500~2,000ml/日
         女性 1,000~1,500ml/日
       尿ph 4.8~7.5
■血液    総コレステロール 130~250mg/dl
      中性脂肪 40~170mg/dl
      HDLコレステロール 45~65mg/dl
      赤血球 男性 410~530 104/mm3
           女性 380~480 104/mm3
      白血球 5,000~8,500/mm3
      血小板 12~18 104/mm3
      ヘモグロビン 男性 14~17g/dl
              女性 12~16g/dl
      尿酸 2~6mg/dl
      カリウム 3.6~5.0mEq/dl
      ナトリウム 135~147mEq/dl

       カルシウム 8.4~10.2mg/dl

2017-09-28 12:16:15

コメント(0)

  • 件 (全件)
  • 1
  • 2

CONTENTS

CATEGORY